空ヲ撮ル
定年になったら自営業が目標。ぼつぼつ更新。

これから                 
2月12日、福岡でイベントに参加してきた。
15〜25歳の中卒や経済的に困窮するユースに、食事の提供をしたり、無料の塾を行っていわゆる大検合格を目指したり、支援企業に紹介したりしている団体があるが、主催者の都合により今年3月いっぱいで活動を停止するのだそうだ。私が知ったのはその最後のイベントをやるというところで、これから私がやろうとしていることの参考にするため、ちょっと遠いけど参加してきた。

私がこれからやりたいこと。
目指したい高校や大学があるのに、家庭の事情や経済的事情で進学をあきらめ、自己否定や自己犠牲が当たり前になってしまう子どもを減らすため、そして一生生活していける活力をつけるため、農業アルバイトで学費を稼ぐシステムを作りたい。

なぜ農業かと問われると、自分自身が農業を身近に感じて育って、いろんな力をもらってきたから。
土や水や緑には命を育むパワーがあって、触れることで私たちも癒され、生きる力が湧いてくる。なにより、食べ物を育てるというのは人間の基礎であり、一生必要なことでもある。
そして、農業は一人ではできないから、自然に人のつながりができる。年齢もさまざまな人とつながることでいろんな学びがあり、成長できる。受け入れられることで安心感が生まれ、心も安定する。
確かに自然相手の仕事だからいつも順調ではないし、同じことの繰り返しでもない。しかし人生も同じ、乗り越える力も農業が教えてくれるのではないかな。

自分が不動産業界で働いた経験上、16〜19歳の未成年は一人で家を借りることができないし、行政の保護も受けにくく、生きていくうえで一番大事な時期なのに一番手薄になっている世代だと感じている。
人間の成長の過程で、10代後半は好奇心が旺盛で、いろんな学びを経て著しく成長する時期である。この時期にたくさんの人と出会い、やりたいこと、やってみたいことを経験してこそ大きな人間になると考えているが、家庭が不安定だったり、居場所がない子どもたちは必要な経験を得ることができない。このハードルがその後の人生にも影を落とし、貧困の連鎖につながっているのではないかと思う。

お腹いっぱい食べる幸せ、安心して眠れる幸せ、友達と楽しい時間を過ごす幸せ。
そんな当たり前の日常を、どの子にも与えたい。
難しいことだし、一人でできることでもないけど、やろうと思った人間が動かなければ何も始まらない。
だから、これからの人生をかけて、自分の人生は自分で乗り越えられるようなシステムを、今後の子供たちに用意してやれたらいいなと考えている。
まだまだ構想ばかりで進んでいないけど、情報を集め、形にするための手段を模索中。あと20年後に、一人でも自立させることができていたらいいな。
: 興味 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by きぃ :
あけましておめでとうございます                 
今年は年が明けるのが楽しみでしょうがなかった。
1月7日、10年近く好きで聞き続けてきた覆面活動のアーティスト「GReeeeN」が、デビュー10周年のライブを一日限定で行うという。ライブのタイトルが意味深で、これまでライブもバーチャルで行ってきた彼らがもしかしたら会場に現れるかも?という期待の持てるライブである。
私はスマホ歴1年半ほどだが、スマホにしてからTwitterをやるようになり、GReeeeNのライブに参加した人の「楽しかった!」という感想ツイートを見て「よし、来年は私もライブ行こう」と思った矢先にこの10周年ライブの告知が出た。なんてタイミング!年明けから目標が達成されるじゃないか。

ライブに申し込んだ10月半ばから、行くならどういう交通手段で行くか、どこに泊まるか、何時に出るか、着いたらどう移動するか、考えるだけで楽しいしワクワクする。こういう楽しみをもらっただけでも嬉しい。
結婚してからライブに行くのは初めてだし、一人で旅行も初めてだし、もちろん、ライブでどんな曲が流れるのか、どんな雰囲気なのか、そもそもチケットは当たるのか、早くその日が来てライブに行きたい気持ちがはやって大変(笑)

とうとう行くことができたライブ会場のさいたまスーパーアリーナ。
続きを読む >>
: 日常 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by きぃ :
同窓会                 
同級生探しのためにFacebookを始めたのが8月だったが、いろいろあってお盆に高校の同級生男子数人と(女子が集まらなかったので)プチ同窓会を開催した。これはもう間違いなくFecebookのおかげ。
そこから、話は出るがなかなかまとまらず、目的だった小学校の時の同窓会を11月にやっと開催できた。時間はかかったけど、10人ほど集まった同級生はみんな再会を喜んで「変わってないねー」と盛り上がり、「また会おうね!」と約束して、3時間もの長丁場がお開きになった。

小学生の子どもが親が学校の同窓会で何十年ぶりに会った友達と「変わってないねー!」と盛り上がるのを「ウソつけ」と言った・・・というイラストかなんかを見たことあるけど、あれは『見た目と年齢』だけの話。
実際に「変わってないね」と話すのは、その人が持って生まれた本来の性格というか、性質というか。せっかちな人は大人になってもせっかちだし、のんびりした人は大人になってものんびりしてる、そんな感じ。
特に小学生のころは自分を隠すとか抑えるとかしてないので、中学高校以降で知り合った人よりも本質をさらけ出して付き合ってるから、大人になっても「変わらないね」になるんだと思う。
40代にもなれば、大人としても時間が経っているから、変に隠すこともなく、抑えすぎることもなく、いい感じで自分らしくいられる人が多いように思う。だから、40代くらいになって同窓会始めることが多いのかな?

今の大人は結婚が遅い人も多い。
集まった同級生は、半分が結婚出産が早く、子どもが成人を含む中学生以上だった。あとの半分は一番大きくて中学生、下は未就学児という人も。まだ子供が1歳前後という人もいたし、独身もいたし、離婚歴のある人もいた。中学生までは同じような人生を歩んできたはずだけど、本当に十人十色なんだなーと思った。
同窓会って、職場やPTAで知り合う人とは違う温度で人生を語り合える場なんだと感じて、とても楽しかった。大人の楽しみとはこういうことなんだな。
来年またやりましょうということになっている。今回来られなかった人、所在をつかめなかった人にも連絡を取って、会って話ができたらいいな。
: 日常 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by きぃ :
初ライブ参戦                 
2017年1月7日、10年くらい好きなアーティストのライブのため、さいたまグリーンアリーナまで行くことになった。
アーティストのライブやコンサートは高校生以来。大人になってからは初めて参加する。最近Twitterでライブツアーに参加した人の楽しそうな感想を見て、「来年は私も行こうかな」と考えていたところ、10周年に入るので記念ライブをやるとのこと。日にちは土曜日、仕事休む必要なく行ける。しかも三連休初日、翌日も自由に使えるから、東京に住んでる友達に会う時間がとれる。夫も子どもも「行って来れば」。おー、行ってくるよ!

でも問題はチケットが取れるかどうか。最近はネット申し込みだから、チケットはほぼ抽選と聞く。
ファンクラブには入ってないがアプリとLINEは登録してるので、まずはそこから申し込む。続いてHPからの申し込みが別枠であるので、そこからも。
申し込みして一週間後、届いたメールを恐る恐る開くと「当選しました」の文字が。やったー!!!
即日、コンビニへ入金をしに行く。よし、これで席は確保できた。次は宿と交通手段だ。職場の旅行センターへ出向き、調べておいた新幹線と宿のセットを申し込む。友達にも連絡済みで、翌日の観光もばっちり相談してある。
その後、HPから応募した方も当選した。よほど呼ばれているのかな。一緒に行く人はいないので、2枚目は入金せず。誰か行きたい人に回りますように。

大人になったら、こういう楽しみもあるんだな。
ライブ会場に行ったら、そこにいるほぼ全員がそのアーティストのファンで、私と同じように曲を聞いて感動したり元気をもらったりしたことがあって、流れる音楽を楽しみながら一緒に歌ったり踊ったりして盛り上がることができる。想像もつかないな、そんなにたくさんの人が集まって盛り上がる会場なんて。
でも今すでに、Facebookのアーティストのファングループではその話で盛り上がっている。今日一般販売が開始されたチケットは即完売だそうだ。私が流した席も、行きたい誰かに届いたかな。

子どももほとんど手が離れ、これからは自分の人生を考えていく。
今までは子育てが楽しかったり、仕事が楽しかったりで今のことだけ考えて走ってきたけど、もっと視野を広げて自分の人生を楽しんでいかなきゃ。
1月7日、楽しみだなー。考えるだけでワクワクする。こんな気持ちはすっかり忘れていたかも。そんなチャンスをくれて、ありがとう。
: 日常 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by きぃ :
Fecebook始めました。                 
職場に、小学校のときと短大で同じ学校だった友人がいる。
その人と「小学校の同窓会をやりたいね」という話が出たのは、今年の2月。
何人かに声をかけたけど、時期が悪くて「子どもが受験で」「子どもがインフルエンザで」と出席できない人が多かったため、近いうちにもっと声かけて集めたいね、と話をして早半年。
一念発起して、フェイスブックをやってみることにした。同窓会用なので、本当に同じ学校出身の人だけと友達になり、探してみた。女性は姓が変わっている人も多いし、そもそもネットはメールやラインだけの人が多いから、あまり見つからない。男性は思ったより早く、本当にどこにいるかもわからなかった人とつながりができてよかった。
今度こそ、久しぶりな友達と会って話がしたいな。私たちが子どもの頃は携帯電話なんかなくて、連絡先も知らない人とこんな風に再会できるようになるなんて思ってもみなかった。今の子どもたちが大人になる頃には、また違った世界になっているのだろう。
: 日常 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by きぃ :
: 1/354 : >>